[前のメッセージ (日付順)]  [次のメッセージ (日付順)]
[前のメッセージ (スレッド順)]  [次のメッセージ (スレッド順)]
[日付によるインデックス]  [スレッド・インデックス]  [記事検索]

Re: カタカナ語の長音付与



たかはしもとのぶです。

# 書いてみたら結構長くなったです。

From: OKANO Takayoshi <kano@xxxxxxxxxxxx>
Date: Mon, 09 Jan 2012 23:08:06 +0900 (JST)

> おかのです
> 
> 「コンピューター」等のカタカナ語の長音付与について、
> 現在、gnome-translation メーリングリストで、議論になっています。

(中略)

> 関心がある方は、
> http://mail.gnome.gr.jp/ml/gnome-translation/201201/tindex.html
> 「コンパイラ」の長音付与
> という Subject のスレッドをご覧ください。
> 
> また、この件について、
> ご意見とか、参考となる事例の情報などがあれば教えていただければありが
> たいです。

一応マイクロソフト社の公式見解が以下になります。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3491

で、上記に記載のある内閣告示第二号は以下になりますね。

http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19910628002/k19910628002.html

一方、語尾を伸ばさない方の根拠になっているのは、古い版のJIS Z 8301だっ
た筈です。

・一般的に長音をどう書くべきかを記載した内閣告示第二号と、工業用の用語
を前提として長音の書き方について記載したJISと、マイクロソフトを始めと
して、内閣告示優先に流れつつある中で、どちらを優先すべきかという議論

・いずれの場合も原則であり例外を認めているので、個別の用語について例外
とするかどうかという議論

に収斂されるとは思います。

個人的には古い人間なので、伸ばさない方がしっくりきますし、特に指定がな
ければ伸ばさない方で統一します。また成果物と期限が明確化されている共同
作業(書籍の共著など)の場合は、原則どちらにすべきかを決めます。

しかし、コミュニティで、継続的に共同作業を行う場合は、統一しない(でき
ない)というのが現時点での個人的な意見です。

これは、

・世の中がJIS表記原則から内閣告示原則という大きな流れの中にあると考え
ていること。

・その場合、継続的に協同で更新作業を行っていく形態の場合、どういうやり
かたを取っ手も、表記が混在する期間が発生することは避けられないこと

・どちらが正解という訳でもないため、不毛な議論になる可能性が高く、そう
でなくても少ないリソースを表記の統一という意見調整作業に費したくないこと

・いろんな情報源から情報を転載して使用する場合に、情報源によって表記が
まちまちである場合に毎回表記を統一するのはいろいろ面倒 & トラブルの元

といった理由です。

コミュニティの場合、共同作業といっても基本的にはある範囲毎にだれか一人
が主担当者として動くという形態で作業していると考えていますので、その人
の判断に従えばよいと考えています。

ある範囲の主担当者が変わったときに、前の人とポリシーが違っていれば全部
直すもよし、直さないもよし。ただ統一はして欲しいといった感じです。

なお、いずれの場合も、固有名詞になっているものは、その通りに書かないと
いけないと思いますので、一括置換する場合は留意すべきだと思います。たと
えば、わたしは「日本Sambaユーザ会」に所属しています。この名前は固有名
詞なので、どういう原則で記載する場合も「ユーザー」とはしてはならないと
いう考えです。

---
TAKAHASHI Motonobu <monyo@xxxxxxxxx>